自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

パーコール法は2回目で妊娠するケースが多い

パーコール法は2回目で妊娠するケースが多い

パーコール法に掛かる費用は2万円~5万円と言われていますが、これは一回の処置に掛かる費用です。 ですが、実際には一回目で確実に妊娠するわけではなくて、何回も処置を受けてようやく妊娠するケースが多いみたいです。 特に2回目で妊娠するケースが一番多いです。 ってことは、パーコール法で掛かる費用は平均で4万円~10万円掛かるということです。3回目、4回目で妊娠となればもっと掛かってきます。 あと、見落とし勝ちですがパーコール法をやったからと言って、必ず女の子を授かるとは限らないです。パーコール法の成功率は約80%と言われてますが、当然のことながら残り20%は男の子が産まれるんです。 ということは、2回目のパーコール法で合計10万円の費用を使っても男の子が産まれてくる事も十分にあり得ます。 出産は人生の中でも一二を争うくらいのイベントですから、例え10万円掛かってもしょうがないという考えもあるとは思いますが、私だったら10万円はちょっと掛けられないなぁ。 10万円あったらいろんなことできますよ!家族で旅行だって出来る金額です。 それに、10万円も掛けて産み分けをやって、希望とは違う性別の赤ちゃんが産まれたら「ガッカリ」してしまうかもしれませんよ。 生命が産まれるという素晴らしくて、嬉しくて、感動的な瞬間のはずなのに、ガッカリしちゃうかも知れないんです。 それって親にとっても赤ちゃんにとっても不幸ですよね。 産み分けを否定するつもりはありません。私自身が産み分けで女の子を授かってますし。 ただ、産み分けにこだわり過ぎるとこういう不幸な結果を招くこともあるということです。 産み分けを考えているお母さん、そしてお父さんは、産まれてくる赤ちゃんの性別に関わらず、全力で出産を喜び、全力で子供を愛する覚悟をしましょう!!
Return Top