自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

女の子産み分けでは排卵日2日前の仲良しが基本

女の子産み分けでは排卵日2日前の仲良しが基本

産まれてくる赤ちゃんの性別は旦那さんの精子が決めている事は知ってますね。X精子なら女の子、Y精子なら男の子です。 このX精子とY精子には対照的な特徴があって、それをうまく利用すれば、希望する性別の確率が高くなります。 その特徴の中には「精子の寿命の長さ」の違いがあります。 どのくらい寿命が違うのかと言うと、「X精子は2~3日」で「Y精子は1日」と言われています。 よく女性の方が平均寿命が長いと言われてますが、生まれる前、つまり精子の段階から女性の方が寿命長いんですね。ちょっとビックリです。 要するに、排卵日の2前にエッチすれば、排卵までに多くのX精子が寿命をむかえます。そして、X精子はまだ寿命をむかえていないので、女の子を授かりやすくなるというわけです。 もちろん、X精子の中にも平均寿命を越えて生き残る精子もあるので、排卵日の2日前にエッチしたからと言って必ずしも女の子を授かる訳ではないことを理解しておかないといけません。

より女の子の確率を上げるために

排卵日の2日前にエッチすれば自然とY精子が淘汰されて、女の子のX精子が受精しやすくなります。しかし、あくまでも確率が高いという事で、決して確実ではありません。 確実な方法なんていうものはないのですが、より確率を高くすることは可能です。 X精子とY精子には寿命の違いの他に、X精子は酸性に強くてアルカリ性に弱い、Y精子はアルカリ性に強くて酸性に弱いという特徴があります。 つまり、女の子を希望するなら膣内を酸性にしておくと、X精子の動きが活発になり、X精子が受精までに灯台される確率も上がります。 じゃあ、どうやって膣内を酸性にするのか? 一番手っ取り早いのが産み分けゼリーを使うことです。 女の子の産み分けゼリーはピンクゼリーが有名ですが、私のオススメは「ハローベビーガール」です。 ピンクゼリーに比べて安いというところと、国内での製造・販売というところが、オススメポイントです。 また、ピンクゼリーに比べると使いやすさの点で圧倒的に優れています。 当サイトでハローベビーガールの徹底検証をしているので、ぜひご覧になられてくださいね。
Return Top