自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

トミサワ式食事法で女の子の産み分け♪

トミサワ式食事法で女の子の産み分け♪

膣内を酸性にすると女の子を授かる確率がアップするのは産み分けの基本ですよね。ハローベビーガールなどの産み分けゼリーを使う以外にも、食事の内容を工夫することで、体内環境を酸性に傾けて女の子の確率をアップさせる方法もありますので紹介したいと思います。 食事法と言うと、 「食事に気を使うのは面倒だなぁ」 って思っちゃう方が結構いらっしゃいます。私もズボラな性格なので食事法とか言われると、「続けられるかなあ?」と感じてしまいます。だからその気持ちよーくわかります(((^_^;) もちろん、無理してまでやる必要はありません。だって無理して続けてもストレスが溜まっちゃいますよね。ストレスはあなた自身はもちろん、赤ちゃんにも影響してしまうかもしれませんし。 ですので、無理はしないで出来る範囲で頑張ってみましょう!

トミサワ式食事方法とは?

トミサワ式では女の子を希望する場合以下のような食事をとります。
お母さん 肉と卵と魚を中心とした食事をとります。そして、きゅうりやこんにゃく、海藻類は食べないように心がけます。
お父さん 野菜を多くとるようにし、柑橘類やトマトなどは極力食べないようにする。
このような食生活を続けるのことで体内環境を酸性に傾けるのがトミサワ式の女の子産み分けになります。 どうですか?「意外に簡単そうだなぁ」とか思いました? 確かに1日、2日だったらズボラな私でも難なくできそうな気がします。だけど、この食生活を月単位でやるとなれば、かなりストレスが溜まると思いますよ。 夫婦そろってイライラしてしまったら、夜の営みにも支障がありそうですよね。 実際、トミサワ式産み分けをやった人は、かなりのストレスを感じたようです。 ましてや、サラリーマンで仕事が忙しい場合は、このような食事に気を使った生活は中々難しいんですよね。昼食も夕飯も会社で済ませる事が多いと思いますし。 ですので、このトミサワ式は無理をせずに出来る範囲でやるのが一番だと私は思います。 『ストレスを溜めない事!』 産み分けにとらわれすぎて、健康を害してはあなたにとっても、そして赤ちゃんにとっても良くないですから。
Return Top