自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

女の子を産み分ける方法

女の子を産み分ける方法

一昔前だと跡取りに男の子を希望するお母さんが多かったんですが、時代の流れなのか、最近では女の子を希望するお母さんの方が多いんです。 女の子だと大きくなったら女同士お話しできたり、一緒に買い物に行ったり、母親にとっては色々と楽しみがありますよね。 このページでは女の子の産み分けについてご説明します。
スポンサードリンク

女の子を授かるには

赤ちゃんの性別は精子が卵子に受精するときに決まります。精子にはX染色体のX精子と、Y染色体のY精子があって、X精子が受精すれば女の子を授かることができるんです。 女の子が欲しければX精子をなんとかして受精させる必要があって、 その為の方法というのがいくつか考え出されています。 ここでは代表的な方法として『タイミング法』と、『ピンクゼリー』についてご説明します。 どちらも『100%』とという訳にはいきませんが、組み合わせて実践することで女の子を授かる確率を上げる事ができます。

X精子が受精しやすい性行タイミング

X精子はY精子と比べて寿命が長いという特徴があります。Y精子の寿命がおよそ24時間なのに対して、X精子はおよそ3日もあると言われています。 つまり排卵日の24時間以上前に性行すれば、排卵されときにはX精子の数がY精子の数に比べて多くなっているので、X精子が受精しやすい状態になってる訳です。 このように排卵と性行のタイミングを合わせる方法を『タイミング法』と呼んでいます。 杉山産婦人科のホームページを見ると、排卵日の二日前に性行することを奨められていますね。 ただ、中には2~3日は生き続けるY精子もいるらしいので、排卵の24時間以上前に性行したからと言って、必ずしも女の子を授かると言うわけではありません。 あくまでも確率が高いという事です。

ピンクゼリーを使って女の子産み分け

X精子がより有利になるような膣内環境を作る為に『ピンクゼリー』という性交の際に使うゼリーがあります。 これは性交の際に膣内に注入する事で膣内をX精子に有利な酸性にする働きがあるんですね。 X精子は酸性に強いという特徴がありますので、膣内を酸性にすればX精子の動きが活発になり、女の子を授かる可能性が高くなるというわけです。 ピンクゼリーは杉山産婦人科が運営する産み分けネットというサイトで購入することができますが、ちょっとだけお値段が高いんですよねぇ。 会員登録費用の5,000円と、ピンクゼリーが10,000円なので、合計で『15,000円』もするんです。 このお値段を高いと思うか、それとも安いと思うかはあなた次第ですが、妊娠・出産は人生の中でも大きなイベントですから、後悔しないようにしたいですね。 ⇒ピンクゼリーの販売サイトはこちら 「できれば女の子が良い」くらいの気持ちで産み分けに挑戦するなら、ハローベビーガールというものが代わりになるようです。 これもピンクゼリーと同じようにに、性行する前に膣内に注入します。 ピンクゼリーと違って会員登録費用などは掛からないので『10,000円』で買うことができます。 また、まとめ買いでの割引もありますので、より安く買うこともできます。 当サイトで詳しく商品レビューしてますので、是非参考になさってくださいね。
スポンサードリンク
Return Top