自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

女の子産み分けではオーガズムを感じない事が重要

女の子産み分けではオーガズムを感じない事が重要

少し下ネタのようになってしまいますが、あなたは旦那さんとの夜の営みで「オーガズム」に達していますか? 「突然何を言ってるの?」と思うかもしれませんが、産み分けを考えているなら、オーガズムに達するか達しないかはとても大切な事なんです。
スポンサードリンク

オーガズムに達すると女の子産み分けの確率が低くなります!

赤ちゃんの性別は2種類の精子(X精子とY精子)の内どちらが受精するかで決まります。X精子なら女の子でY精子なら男の子です。 そして、X精子は酸性に強くてアルカリ性に弱く、逆にY精子は酸性に弱くてアルカリ性に弱いという特徴をもちます。 つまり、膣内が酸性になっていればX精子に有利になって、女の子産み分けの確率が高くなります。ちなみに、膣内は基本的には弱酸性で、排卵日はアルカリ性に近づきます。 女の子産み分けでは排卵日の2日前に仲良しする(※)ので、射精時の膣内は弱酸性のはずです。
※産み分けと仲良しのタイミング
2種類の精子(X精子とY精子)では射精後の寿命に差があります。X精子は約2~3日で、Y精子は約24時間です。 この寿命の違いを利用して、排卵日と仲良しのタイミングを合わせる方法を「タイミング法」と言います。 タイミング法では、女の子産み分けなら排卵日の2日前に、男の子産み分けなら排卵日の当日に仲良しをします。 排卵日の2日前に仲良しをすれば、排卵日には多くのY精子が寿命を迎えているので、X精子が受精しやすくなります。 排卵日の当日に仲良しをすれば、量が多くて運動量の多いY精子が受精しやすくなります。

ところが、仲良しの時に女性がオーガズムに達すると子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌されてしまい、膣内がアルカリ性に近づいてしまいます。 X精子はアルカリ性に弱いので、膣内がアルカリ性に近づいてしまうと女の子産み分けの確率が低くなると言われているんです。 ですので、仲良しの時にはオーガズムに達しないようにする必要があります。

オーガズムに達しないためには

まず言えることは、仲良しはあっさりと終わらせることです。濃厚な仲良しをしてしまうとオーガズムに達してしまう可能性があります。 人によっては感じやすい体質だったりもしますので、あっさり仲良しでもオーガズムに達してしまうかもしれません。 そんなときは、旦那さんに協力してもらって、ご自身で射精寸前までしてもらい、射精時だけ挿入するというやり方もあります。 まぁ、このやり方は旦那さんが嫌がるかもしれませんね。旦那さんが嫌がるようなら、貴女が射精寸前までお手伝いしてあげれば協力が得られやすいかもしれません。
スポンサードリンク
Return Top