自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

要注意!梅干しを食べても女の子産み分けの確率は高くなりません!

要注意!梅干しを食べても女の子産み分けの確率は高くなりません!

女の子産み分けでは卵子にX精子が受精する必要があります。X精子は酸性に強いという特徴があるので、膣内を酸性にしてX精子にとって有利な状態にする産み分け方法があって、これを「酸アルカリ法」と言います。
酸アルカリ法とは?
赤ちゃんの性別はX精子とY精子のどちらが卵子に受精するかで決まります。つまり、産み分けとはX精子とY精子のどちらが受精するかをコントロールする事と言えます。 どちらが受精するかをコントロールする代表的な方法に「酸アルカリ法」があります。 X精子とY精子には対称的な特徴があります。X精子は酸性に強くてアルカリ性に弱い、そしてY精子はアルカリ性強くて酸性に弱い、という特徴です。 ですので、膣内を酸性にすることができればX精子が受精しやすくなり、膣内をアルカリ性にすることができればY精子が受精しやすくなります。 このように膣内を酸性にしたりアルカリ性にしたりする方法を「酸アルカリ法」と言いますが、どのように膣内の状態を調整するかというと、「ハローベビーゼリー」という潤滑ゼリーを使います。 このブログで詳しくレビューしてるので、ぜひ参考になさってくださいね。

「酸アルカリ法」の考えから、体内を酸性にすればX精子が有利になって、女の子の確率が高くなるんじゃないかという考え方があります。 それで、体内を酸性に近づけるために酸っぱい「梅干し」を食べれば効果的なんじゃないか、という考えがネット上では多く見られます。 女の子産み分けのために毎日梅干しを1個食べてるという方もいらっしゃるくらいです。 でも、ちょっと待ってください。 梅干しは酸っぱいから酸性だと思われ勝ちですが、実は「アルカリ性食品」なんです。 つまり、梅干しを毎日食べると、体内を酸性に近づけるどころか、逆にアルカリ性に近づいてしまうかもしれないんです。 これだと、X精子はアルカリ性に弱いので女の子の確率が低くなる可能性があります。 女の子産み分けを考えているなら梅干しはあまり食べない方が無難かもしれませんね。
スポンサードリンク

「酸性食品」にはどんなものがあるの?

何となく、酸っぱければ酸性食品で、苦ければアルカリ性食品というような気がしてしまうかもしれませんが、梅干しがアルカリ性食品であるように、必ずしもそうとは限りません。 代表的な酸性食品とアルカリ性食品はこのようになっています。
酸性食品魚介類・肉類・卵黄・野菜(アスパラガス・クワイ)・ビール・落花生・白米・チーズ・パン・バターなど
アルカリ性食品野菜類(キャベツ、ジャガイモ、海草類、ほうれん草など)・果物・漬け物類(梅干し、たくあん)・ワイン・コーヒー・キノコ類など
どのように分類されるのかというと、食品を燃やした灰に残っているミネラル成分によって分類されます。
酸性のミネラル塩素、リン、硫黄
アルカリ性のミネラルナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム
スポンサードリンク
Return Top