自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

中国式産み分けカレンダー自動計算機

中国式産み分けカレンダー自動計算機

この記事の概要
  • 難解な中国式産み分けカレンダーも楽々チェックできる自動計算機をご紹介。
  • 中国四千年の歴史が生み出した産み分けカレンダーとはそもそも何なのかを詳しくご説明。
  • 産み分けカレンダーの過度な信用は厳禁!オススメは『タイミング法』と『酸アルカリ法』です。
スポンサードリンク

中国式産み分けカレンダー自動計算機

使い方は超カンタン!生年月日と子作り予定日を入れるだけ!数え年や旧暦への変換も完全自動なので、とても簡単に中国式産み分けカレンダーをチェックできます。ぜひお試しください! すでにお子さんがいらっしゃる方は、実際合っているか試してみると面白いかもしれませんね。

中国式産み分けカレンダーとは?

13世紀頃の中国の学者が、中国王朝の宮中で産まれた赤ちゃんの男女比率を基に統計をとり、作成したのが「中国式産み分けカレンダー」です。 実物はこんな感じです。 このカレンダーに従って子作りをすると、希望通りの性別で赤ちゃんを授かることができるという、とても便利なカレンダーです。 なんでも中国での的中率は99%と言われていて、アジア圏では90%、アメリカでは85%と言われているそうですよ。 まぁさすがにこの的中率は誇張し過ぎだと思いますが、本当だとしたらものすごい的中率です。中国四千年の壮大な歴史を感じます。 ちなみに、中国ではお医者さんもこの中国式産み分けカレンダーを参考にする事があるらしいので、それなりに信頼度は高いのかもしれません。

中国式産み分けカレンダーの見方

上の自動計算機で確認してもらえれば中国式産み分けカレンダーの詳しい見方などは覚えなくてもいいんですが、一応見方をご説明しますね。 簡単に説明すると、「♂」マークのところでエッチすると男の子、「♀」マークのところでエッチすると女の子が産まれやすいと言われています。 例えば、あなたが28歳なら4月にエッチをすれば女の子が産まれやすいということになります。 本当は受胎月で見るらしいんですが、体温計すらない700年も前の中国で、正確に受胎月を把握できていたとは思えません。ここは「子作りをした月」で考えて問題ないでしょう。 簡単そうですよね?自動計算機なんて必要ないように感じると思います。 ところが、産み分けカレンダーが作られた700年前の中国では「旧暦(太陰太陽暦)」が使われていたので、現在私たちが使っている西暦から旧暦に変換する必要があるんです。そして、この旧暦への変換は複雑な計算が必要で、とても難しいんです。 ちなみに、年齢は数え年で考えます。 旧暦への変換なんて難しすぎて出来ない方がほとんどです。でも、多くの方にこの中国式産み分けカレンダーを試してほしくって、頑張って自動計算機を作りました!

中国式産み分けカレンダーはあくまで占い

一点ご注意いただきたいのが、この中国式産み分けカレンダーはあくまでも占いのようなものなので、過度に信じないということです。 それよりも、医学的なアプローチで産み分けを行うことをオススメします。例えば、X精子は酸性に強くてY精子はアルカリ性に強い、ということは医学的に証明されています。これを利用したのが「酸アルカリ法」という産み分けです。 酸アルカリ法では膣内のph値を調整しなければいけません。このph値の調整を簡単にサポートしてくれる潤滑ゼリーがあります。 この潤滑ゼリーは「ハローベビーガール」と「ハローベビーボーイ」と言います。このサイトであんずの口コミを紹介してますので、興味があればぜひ参考になさってくださいね。 あんずの口コミはこちら

まとめ

もう一度言いますが、中国式産み分けカレンダーはあくまでも「占いのひとつ」と捉えるくらいが丁度いいです。実際、複数人の友人にお願いして自分の子供の性別がが中国式カレンダー通りになるのかを試してもらいましたが、的中率はだいたい50%でした。 ですので、あまり中国式産み分けカレンダーにはとらわれず、医学的なアプローチでの産み分けをオススメします。医学的なアプローチの産み分けとは、「タイミング法」と「酸アルカリ法」です。 このブログで詳しく説明していますので是非参考になさってください。
スポンサードリンク
Return Top