自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

成功率100%?着床前診断とは

成功率100%?着床前診断とは

着床前診断とは、採取した卵子と精子で体外受精を行い、受精卵の染色体を見て男の子になるか女の子になるかを予め確認した上で子宮内に戻す方法です。 アメリカやタイなど、海外では産み分け方法として一般的に使われる方法ですが、日本国内では重い遺伝病の患者などに限定されていて、産み分けに利用することは日本産科婦人科学会の指針で禁止されています。 着床前診断で産み分けしたい場合は、海外に渡航し受診する事になります。掛かる費用は、国にもよりますが、タイの場合だと渡航費用を含めて150万円くらいと言われています。アメリカで行う場合は300万円程度です。

産み分け成功率100%って本当?

着床前診断の場合、確実に産み分けできると噂されていますが、実際には100%ではありません。まぁそれでも100%に限りなく近いというのは事実のようです。 しかし、実は着床前診断には落とし穴があります。希望する性別の受精卵が誕生しない可能性もあるんです。女の子を希望しても受精卵が全て男の子だったり、逆に男の子を希望しても受精卵が全て女の子だったり。 このような場合、もちろん希望する性別の赤ちゃんを授かることはできません。

着床前診断と言えども100%確実ではいんです。

また、着床前診断で希望する性別の受精卵がなく、その受精卵での妊娠を諦めたとしても、着床前診断に掛かった金額は請求されてしまいます。 決して着床前診断を否定するわけでは在りませんが、こういったリスクがあることを理解する必要があるということです。
Return Top