自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

産み分けにあたっての心構え

産み分けにあたっての心構え

「跡継ぎに男の子が欲しい」

「女の子を授かって可愛い洋服を着せたい」

人それぞれ様々な想いがあって産み分けを考えていると思いますが、中には非常に強い想いで産み分けをされる方もいらっしゃいます。 そういった方の中には、産まれてきた赤ちゃんの性別が希望と違うと、その出産は失敗と感じてしまい、産まれてきた赤ちゃんに対して100%の愛情をもって接する事が出来ない場合もあるそうです。 産み分けをより頑張った人ほど、このようになりやすい傾向があります。 産まれてくる赤ちゃんは自分の性別を選べる訳でもないのに、本当に理不尽で不幸な事だと思いませんか? あんずは希望通りの女の子を授かることができましたが、もし男の子だったとしても、間違いなく産まれてきてくれたことを喜んで、100%の愛情で接していたはずです。 それは絶対の自信があります。 なぜなら、産み分けが100%ではないことをきちんと理解し、「正しい心構え」を持って産み分けをしたからです。
スポンサードリンク

産み分けは100%ではない

まずはじめに理解していただきたいのが、

産み分けを行っても、必ずしも希望通りの性別とは限らない

という事です。 自然にまかせた出産なら男の子も女の子も50%の確率で産まれてきますが、正しい方法で産み分けをすれば、だいたい70~80%くらいの確率で希望通りの性別で赤ちゃんを授かるとの統計があります。 しかし、裏を返せば20~30%は、赤ちゃんの性別が希望していたのとは違うという事です。 自然にまかせた出産と比べてそれなりに確率は上がっていますが、産み分けは決して確実ではありません。

産み分けが100%ではないことを、必ず理解してください。

赤ちゃんの誕生に失敗はない!

産み分けは100%ではありません。 この事を理解しないまま産み分けを過度に信頼してしまうと、産まれてきた赤ちゃんの性別が希望とは違った場合に非常にガッカリしてしまい、「最悪の場合は子供を愛せない」という事も起こり得ます。 こんな悲しくて不幸な事が起こらないよう、「産み分けは100%じゃない」という事を十分に理解する必要があります そして、

産み分けはハズレても、赤ちゃんの誕生に失敗はない

ということを理解してください。 赤ちゃんの誕生はホントにホントに嬉しいことです。とっても幸せなことです。 そんな幸せな赤ちゃんの誕生が台無しになってしまわないように、「正しい心構え」で産み分けを行っていきましょう♪
スポンサードリンク
Return Top