自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

男女産み分け方法

男女産み分け方法

性別なんて関係なく子供はカワイイものですが、男の子が続いていると「次は女の子がいいなぁ」って思う事ありませんか? 絶対ではありませんが、産み分けを行うことで希望する性別の確率を上げることができます。赤ちゃんの性別を希望するなら、産み分けにチャレンジされてみてはいかがでしょうか? ここでは男女産み分けに関する基礎知識を徹底的に解説していますので、ぜひ参考になさってくださいね。
スポンサードリンク

赤ちゃんの性別が決まる仕組みとは

最初は赤ちゃんの性別が決まる仕組みについてご説明します。これを知らないと産み分けできない訳ではないんですが、知ってた方が産み分けに対するモチベーションを保ちやすいので、読んで理解することをオススメします。 赤ちゃんの生命は卵子と精子が結び付いた受精卵というたった一個の細胞から始まります。受精卵は卵子と精子から23本ずつ合計46本の染色体を受け継いでいて、赤ちゃんの性別はこの染色体によって決まります。つまり、赤ちゃんの性別は卵子と精子が結び付き受精卵が誕生するとき既に決まっているんです。

人の性別を決める性染色体の組み合わせ

染色体を簡単に説明すると、ヒストンというたんぱく質にDNA(遺伝情報)が巻き付いたもので、細胞分裂の度に複製を繰り返し、赤血球や生殖細胞などを除き、ほとんど全ての細胞の中に存在しています。 46本の染色体は44本の常染色体と、2本の性染色体に分けられ、この内赤ちゃんの性別を決めているのは性染色体です。性染色体にはX染色体とY染色体の2種類があり、これらの組み合わせのパターンで赤ちゃんの性別が決まります。 2本の性染色体の組み合わせは「2本ともにX染色体」か「X染色体とY染色体」のどちらかしかありません。前者を「XX型」で、後者を「XY型」とすれば、XX型なら女の子、XY型なら男の子になります。 では、どうしてXX型とXY型に分かれるのでしょうか?その鍵を握っているのは精子です。 性染色体は卵子と精子から1本ずつ受け継ぎますが、卵子が持っている性染色体は必ずX染色体です。一方で精子にはX染色体を持つX精子と、Y染色体を持つY精子が存在します。 つまり、卵子と結び付く精子がX精子ならXX型の女の子に、Y精子ならXY型の男の子になるというわけです。

X精子とY精子の特徴

X精子とY精子のどちらが卵子と結び付くかで赤ちゃんの性別は変わります。つまり「どちらの精子を卵子と結び付けるのか」が産み分けということになります。 そんなこと可能なんでしょうか? 100%は難しいですが、下表のX精子とY精子の対称的な特徴を理解すれば、ある程度確率を上げることは可能だということが分かると思います。
X精子の特徴
・寿命は約2~3日
・酸性に強い(アルカリ性に弱い)
・数が少ない
・運動能力が低い
Y精子の特徴
・寿命は約1日
・酸性に弱い(アルカリ性に強い)
・数が多い
・運動能力が高い
例えば、X精子とY精子の寿命の違いに着目してみましょう。Y精子の寿命はX精子の半分以下ですね。なので、排卵日の2日前に子作りすれば、排卵日には多くのY精子が寿命を迎えていることになります。そうすればX精子が卵子と結び付き、赤ちゃんの性別が女の子になる確率が上がります。 産み分けはこのようにして行っていきます。

男女産み分けの基本「タイミング法」

ここではX精子とY精子の寿命の違いを利用した男女産み分け方法である「タイミング法」をご紹介します。タイミング法は産み分けの基本中の基本ですのでしっかり覚えて実践しましょう! 実は前項の一番最後に軽くご説明したのがタイミング法での女の子産み分け方法です。女の子産み分けも含めて、タイミング法について改めて整理すると下表の通りです。
女の子産み分けの場合
排卵日の2日前に子作りをする。排卵日当日にはY精子の多くが寿命を迎えているので、Y精子に比べて数が少なく、運動能力が低いX精子でも受精しやすい。
男の子産み分けの場合
排卵日の当日に子作りをする。Y精子はX精子に比べて、数が多くて運動能力が高いので、排卵日当日ならY精子が受精しやすい。また、排卵日当日は膣内がアルカリ性に傾いているのでY精子に有利。
ご覧の通りタイミング法では排卵日を基準に子作りするので、排卵日の予測が必須です。通常、月経のほぼ14日前に排卵日がくると言われていますので、月経周期が安定している場合は、月経予定日から逆算(14日前)すると排卵日を予測できます。 しかし、月経周期が乱れていたり、普段は安定していてもちょっとしたことで月経周期が乱れることがあります。このような場合は月経周期の逆算では正確な排卵日は予測できませんので、他の方法も併用してできるだけ正確に排卵日を予測することをオススメします。 排卵日を予測する方法をいくつかご紹介します。

基礎体温を記録する

妊活でも定番の方法なので皆さんもご存知だとは思いますが、簡単にご説明します。 基礎体温とは、朝起きて安静にしている状態のときの体温の事で、基礎体温はホルモンバランスの変化などにより、日々微妙に上下しています。この基礎体温を「基礎体温表」というシートに毎日記録し、折れ線グラフにする事で排卵日や身体の状態を知ることができます。 基礎体温は「低温期」と「高温期」に分かれていて、低温期の一番最後、基礎体温がグッと下がるタイミングが排卵日だと言われます。ただ、ホルモンバランスの急な変化や、個人差などがありますので必ずしもその日が排卵日とは限らないということに注意が必要です。

排卵痛から予測する

排卵痛は排卵日を含んだ前後2~3日に感じる痛みで、「排卵前」「排卵時」「排卵後」で痛みを感じます。排卵痛は生理のときのような重ダルい痛みではなく、チクチクとした痛みを感じるケースが多いようです。 また、排卵痛には個人差があり、排卵痛を感じるタイミングが違ったり、ほとんど痛みを感じない方もいます。 つまり、排卵痛を感じたら排卵日が間近に迫っていることを予想できるケースもありますが、個人差もあるため正確な予測は難しいです。 排卵日予測のベースは基礎体温で、排卵痛は参考程度に考えましょう。

病院で診てもらう場合

排卵日を予測する方法で一番正確なのはやはり病院で診察してもらうことです。特に月経周期が乱れている場合などは、自分で排卵日を予測するのが難しいケースが多いので、病院で診察してもらうことをオススメします。 ただ、病院を選ぶ際に一点注意する事があります。それは、「産み分けに否定的な病院もある」ということです。赤ちゃんの性別は自然に任せるべきで、人間が選ぶものじゃないという考えのお医者さんもいるんですね。 産み分けに否定的な病院にあたらないためには、SS研究会というグループに参加している病院を選ぶことです。SS研究会に参加している病院はこちらから調べられます。 ちなみに、排卵日の予測はエコーや、血液検査(ホルモン検査)などにより行われ、当然ですがある程度費用が掛かります。
■検査に掛かる費用(※)
初診料2,000円~10,000円
ホルモン血液検査2,000円~3,000円
頚管粘液検査約1,000円~2,000円
エコー検査約1,000円~2,000円
※・・・あくまでも目安です。病院によって金額が違います。

女の子を産み分ける方法

排卵日の2日前に子作りする

男女産み分けの基本、タイミング法です。X精子の寿命は約2日~3日、Y精子の寿命は約24時間でしたよね。X精子に有利になるよう排卵日の2日前に子作りを行ってください。 基礎体温表や、排卵検査薬などでしっかりと排卵日を予測し、排卵日の2日前に子作りする事を心がけましょう。

子作りはあっさり終わらせる

濃厚な子作りを行い、女性がオーガズムに達してしまうと、頸管粘液がアルカリ性に傾き、膣内もアルカリ性に近づいてしまいます。 X精子はアルカリ性に弱いので、膣内がアルカリ性に近づくと女の子産み分けでは不利になってしまいます。女性がオーガズムに達してしまわないよう、子作りはあっさり終わらせましょう。

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリーは子作りのときに膣内に注入して使います。若干お値段は高いのですが、手軽に産み分けをサポートしてくれるので、ご購入をオススメしています。 産み分けゼリーにはいくつか種類がありますので、簡単にご説明しますね。ちなみにオススメは「ハローベビーガール」です。品質とコスパのバランスが一番とれています。
■ハローベビーガール
価格(税込)内容量生産国
10,800円7回分日本
購入方法
ネオサイエンス通販サイト
■ピンクゼリー
価格(税込)内容量生産国
10,800円4回分中国
購入方法
生み分けネット通販サイト
・病院で処方してもらう
備考
通販サイトで購入する場合は、会員登録料5,000円が掛かります。
■Baby Support for girl
価格(税込)内容量生産国
14,904円7回分日本
購入方法
Baby Support通販サイト

パーコール法

パーコール法は日本国内で出来る唯一の医療行為による産み分け方法で、女の子産み分けに用いられます。 パーコール法ではX精子とY精子の比重の違いを利用します。精子を遠心分離機にかけると、比重が大きいX精子をある程度分離する事が可能で、分離された精子にはX精子が多く含まれます。この分離された精子で人工受精する事で、女の子が産まれる確率を上げます。 成功率はおよそ70%と言われていますので、自然妊娠の50%に比べれば高い確率で女の子を授かることができます。気になる費用はというと、病院によっても違いがありますが、およそ5万円くらいが相場です。 ただ、パーコール法はX精子を抽出して(Y精子を切り捨てて)人工受精する方法なので、妊娠する確率は低くなってしまいます。パーコール法で人工受精を行い、妊娠することができなくても当然ですが費用が掛かります。妊娠するまでパーコール法を続ける場合、数十万円掛かる可能性もあります。 尚、全ての病院でパーコール法での産み分けを行っている訳ではありませんので、通院する前に一度問い合わせをするのが無難です。SS研究会に参加している病院ならパーコール法での産み分けを行っている可能性が高いので、参考にするといいでしょう。

男の子を産み分ける方法

排卵日の当日に子作りする

男の子のY精子は数が多くて運動能力が高いので、排卵日当日に子作りを行うと有利になります。また、排卵日は脛管粘液がアルカリ性に傾くので、Y精子にとってさらに有利な状況になります。

子作りは濃厚に行う

女性がオーガズムに達するような濃厚な子作りをすると、脛管粘液がアルカリ性に傾くのでY精子に有利になります。

リンカルを服用する

リンカルとはリン酸カルシウムの略で、元々は先天性異常を減らす目的で開発された栄養補助食品です。リンカルを服用している女性が男の子を授かる確率が高かった為に産み分けに用いられるようになりました。リンカルはSS研究会ショッピングサイトや、病院で購入する事ができます。 リンカルは1日4錠を2ヶ月服用する必要があります。2ヶ月服用してから子作り開始です。もし、途中で服用を中断してしまうと、一からやり直しなので根気強く頑張りましょう。

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリーは子作りのときに膣内に注入して使います。若干お値段は高いのですが、手軽に産み分けをサポートしてくれるので、ご購入をオススメしています。 産み分けゼリーにはいくつか種類がありますので、簡単にご説明しますね。ちなみにオススメは「ハローベビーボーイ」です。品質とコスパのバランスが一番とれています。
■ハローベビーボーイ
価格(税込)内容量生産国
10,800円7回分日本
購入方法
ネオサイエンス通販サイト
■グリーンゼリー
価格(税込)内容量生産国
10,800円4回分中国
購入方法
生み分けネット通販サイト
・病院で処方してもらう
備考
通販サイトで購入する場合は、会員登録料5,000円が掛かります。
■Baby Support for boy
価格(税込)内容量生産国
14,904円7回分日本
購入方法
Baby Support通販サイト

中国式産み分けカレンダー

中国式産み分けカレンダーとは、13世紀頃の中国王朝の宮中で、当時の科学者が赤ちゃんの男女出生比率を基に統計を取り作成したものです。 中国では中国式産み分けカレンダーを参考にするお医者さんもいるくらい信頼されているようで、一説には99%の的中率と言われているようです! さすがに99%の的中率はあり得ないですし、科学的な根拠もありませんから、占いの域は出ないと思います。ですので、中国式産み分けカレンダーは占いゲーム程度に考えてください。 尚、中国式産み分けカレンダーは旧暦への変換などが必要で、見るのが結構難しいです。当サイトで自動計算機を用意してますので、興味があれば確認してみてください。

着床前診断での産み分け

着床前診断とは体外受精のひとつで、着床前の段階で受精卵の遺伝子や染色体の異常を検査することを言います。日本では夫婦のどちらかに重篤な遺伝性疾患があり、疾患の遺伝や流産の可能性がある場合に限り適用が認められています。 着床前診断では染色体を調べる過程で性染色体も調べるので、受精卵の段階で赤ちゃんの性別を知ることができます。しかし、日本産科婦人科学会では着床前診断による産み分けを禁止しているので、日本国内では着床前診断による産み分けを行うことはできません。着床前診断で産み分けを行うには、規制がないアメリカなどに渡航し行わなければいけません。 ちなみに、アメリカに渡航し着床前診断で産み分けを行う場合の費用ですが、一般的には2週間の滞在費や医療費で400万円~500万円ほど掛かると言われています。病院により料金も違いますのでもっとお金が掛かるかもしれません。

産み分けの成功率

最後に男女産み分けの成功率についてご説明します。当然ですが、病院の指導を受け、正しく産み分けを実践できたとしても、赤ちゃんの性別は必ずしも希望通りとは限りません。日本国内で出来る産み分けでは100%はあり得ないんです。 それでも、産み分けを実践すれば希望の性別で赤ちゃんを授かる確率はかなり高くなります。どのくらいの成功率かというと、女の子の場合「約74%」、男の子の場合は「約73%」と言われています。 病院に通わずに自宅で産み分けをした場合でも、正しく産み分けを実践していれば病院に通うのと成功率はほとんど変わらないと思います。 ただ、ここでひとつ言わせてください。 男女産み分けには成功と失敗がありますが、赤ちゃんの誕生には成功も失敗もありません。たとえ赤ちゃんの性別が希望通りではなくても、100%の愛情を注ぎましょう!
スポンサードリンク
Return Top