自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

X精子とY精子の特徴

X精子とY精子の特徴

精子には性染色体がX型である「X精子」と、性染色体がY型である「Y精子」の2種類が存在します。この2種類の精子の内どちらが受精するかで赤ちゃんの性別は決まっていて、X精子が授精すれば女の子、Y精子が授精すれば男の子が産まれます。

つまり、産み分けをするということは、この2種類の精子の内希望する性別の精子が受精する確率を上げていくということになります。女の子ならX精子、男の子ならY精子ですね。

そして、希望する性別の精子が受精する確率を上げるためには、X精子とY精子の特徴を知る必要があります。

スポンサードリンク

X精子とY精子の特徴とは

まずはこちらの表をご覧ください。

特徴
X精子
Y精子
赤ちゃんの性別
女の子
男の子
ph
酸性に強い
アルカリ性に強い
精子の寿命
約2~3日
約1日
精子の量
少ない
X精子の約2倍
運動能力
低い
高い
重さ
重い
軽い

2種類の精子にはそれぞれこのように対称的な特徴があります。

例えば、それぞれの寿命に注目してください。X精子が2~3日で、Y精子が1日ですよね。この特徴を利用すると、排卵日の2~3日前に性交すれば寿命が短いY精子の多くは排卵日には死滅しているので、X精子が授精しやすく女の子の確率が上がります。

逆に排卵日の当日であれば量が多くて、運動能力が高いY精子が授精しやすく、男の子の確率が上がります。これを「タイミング法」と言います。

産み分けをやっていくにはこのタイミング法がベースになりますので、しっかりと覚えてくださいね♪

スポンサードリンク
Return Top