自宅で出来る産み分け方法

忙しいママさんの為の産み分け講座

2人目不妊になる理由と妊活

2人目不妊になる理由と妊活

1人目が無事に育って、そろそろ2人目を…と考えるご夫婦は多いですが、なかなか授からないことが度々あります。 最近は2人目不妊という言葉が広がっています。可愛い子供を連れて不妊治療の病院に訪れるお母さんやご家族の姿もよく見かける光景です。何故、1人目はすぐに授かったのに2人目がなかなか授からないことがあるのでしょうか。
スポンサードリンク

理由は様々、2人目不妊の原因

お母さんの年齢が高齢になった

2人目がなかなか授からない場合、まずはお母さんの年齢を考えねばなりません。もしお母さんが35歳以上なら、妊娠力が1人目を授かった時より下がっていることが考えられます。 できるだけ早く婦人科で精密検査を受けてみることをお勧めします。意外な原因が隠れている可能性があり、それを解決しなければ妊娠出産ができないことがあるからです。

1人目を出産した後にホルモンバランスが崩れた

出産した後に、甲状腺に支障をきたし甲状腺ホルモンのバランスが崩れることがあります。 甲状腺ホルモンは絶妙なバランスで調整されていて、少なくても多くても不妊の原因になります。 産後うつの状態が長く続いた、冷えが酷くなった方は、甲状腺機能低下症(橋本病)の可能性があります。婦人科か甲状腺科で血液検査を受ければすぐに判明しますので、思い当たる方はぜひ検査をお勧めします。 甲状腺機能低下症ならチラーヂンというホルモン薬を服用するだけで直ちに回復し、妊娠力も回復します。 日常生活に支障がない数値でも、妊娠には支障があることがあるという説があるため、積極的にチラーヂンを処方する病院もあります。

卵管に異常が発生した

年齢が上がると卵管が詰まったり、腫れたりすることがあります。 卵管造影検査や通水検査という、子宮から卵管に造影剤(または生理食塩水)を流すことで、すぐに判明します。 通水をしたら、軽い詰まりはすぐ取れるため、それで妊娠できることも度々あります。通水をして2か月は妊娠しやすいゴールデン期間と呼ばれています。 両方の卵管が詰まっていると体外受精を奨められることが基本ですが、最近は卵管の詰まりを取る手術、卵管鏡下卵管形成術(FT)を行う病院もあります。 細い内視鏡を子宮に入れ、卵管に入ってから細い風船(バルーン)を膨らませて詰まりを除去する手術です。 全国10か所でしか行われていないのが難点ですが、日帰りが可能な画期的な手術です。卵管以外に問題がなければ、体外受精をする前に挑戦する価値はあると思います。 個人差はありますが、FTが成功したら6か月はゴールデン期間が続くと言われています。 すべての卵管の詰まりがFTで改善できるとは限りませんが、保険適用される手術のため比較的経済的であることも特徴です。

育児ストレスなど

1人目の子がまだ小さいと、まだまだ手間がかかります。それがストレスになり血流が悪くなり、妊娠が妨げられているケースもあります。 家事は完璧を目指さず、ご家族や家事代行サービスなどをうまく活用してリラックスできる時間を作ってみましょう。 人は一人では生きていけません。任せられるところは人に任せることも大切です。

1人目の子がおっぱいを吸っている

母乳を与えるとプロラクチンというホルモンが分泌されます。 このホルモンは排卵を抑制する作用があり、まだ小さな子がいるお母さんの妊娠を抑制する働きがあると言われています。 必ずしも母乳を与えている間に妊娠しないわけではありませんが、妊娠力が落ちるのは間違いありません。可哀想ですが、1人目の子には母乳を諦めてもらう必要がありそうです。 母乳を止めることで妊娠力が回復することがあります。プロラクチンの値は血液検査で確認できます。

夫が不妊の原因なことも

不妊の原因は男女ほぼ同じです。 最近は過度のストレスのせいか、男性不妊が増えています。 精液検査はすぐにできるため、ぜひ不妊治療には夫婦で訪れてほしいと願っています。 男性の場合はどんどん精子が作られるので年齢は関係ないと言われていましたが、女性ほど顕著でないだけで男性の生殖能力も年齢と共に低下することが分かっています。 特に男性は働くことが基本で、様々なストレスを抱えがちです。 もし精子の数が著しく少ない、正常に動く精子が少ない場合は、体外受精や顕微授精(培養士が精子を選び、卵子に注入して受精させる)を検討する必要があります。

2人目が欲しいなら、まずは婦人科へ。

もし半年経っても授からなければ、できるだけ早く婦人科に行き精密検査をすることをお勧めします。意外な不妊理由が分かり、1人目は奇跡的な確率で生まれた子であったことに気付かされることもあります。 特にホルモンバランスと卵管の異常は、比較的起こりやすい2人目不妊の原因です。どちらも比較的すぐに対処できるため、検査は早ければ早いほど良いのです。 お子さんがいてもいなくても、年齢が上がるだけで授かりにくくなります。あの時に治療をすればと後悔する前に、できるだけ早めに通院したほうが良いでしょう。
スポンサードリンク
Return Top